FC2ブログ

・・・すくーるらいふ。

・・・すくーるらいふ。

 ←・・・すくーるらいふ。 →・・・繋がる思い、番外編。


”付き合ってくれないかな”

冷たい風が、二人の間を通ってゆく。
翔は挑戦するような笑みで。
こばとは・・・


「え・・っと・・・どちらにでしょう?お買い物にですか?」
ずいぶん間が空いてからの、しかも意味不明の返事に、翔はあぜんとした顔で返した。
「つ、付き合うってのはそういうことじゃなくて・・俺、こばとちゃんが好きって意味なんだけど・・」
まさか伝わらないとは思っていなかったのだろう、言葉がしどろもどろになる。
こばとはまた考えたあと、笑顔で言った。



雅は、こばとを翔の元に連れて行ってから、藤本を追っていた。
その間も、駆け巡るのは翔の言葉。

『俺と雅じゃ、釣り合えないよな。』
別れ際に、そう言われた。
なにが釣り合わないのか、どんなに聞いても教えてくれなかった。
だからかもしれないが。

「藤本くん!」
追いついて、飛びつくように腕につかまる。
藤本は驚いたように振り返り、腕を振り払う。
「触るなっ・・!」
反動で道路に座り込んだ雅が、そのまま藤本を見上げる。
「あたしと付き合って!」
藤本は険しい顔をして、ため息をついた。
「なんなんだ、今日は・・・」
立ち去ろうとした足が、勝手に止まる。

”好きって気持ちは、そんな簡単じゃないんです!”

気にするつもりもなかったこばとの言葉が、頭をよぎる。
簡単じゃない、なんて知ってる。
伝えるのがどれだけ大変なのかってことも、勇気がいることも。
それでも、俺のことをなにも知らずに寄ってくる女なんて・・・相手する必要ないだろ。
ずっと、そう思っていた。

「悪いけど、あんたのこと好きじゃないし。付き合うつもりないから。」
いい方は悪かったかも知れないが、無視するよりはいいんだろ。
その場にいないこばとに、そう言いたかった。



まったく。
付き合って、を理解してない高校生がいたなんて。
好きって言っても、満面の笑みでありがとうございます!、だって。
ホント、純粋でかわいいんだよな。

ため息混じりに道を歩きながら、翔は笑った。
結局、伝わらなかった。
遠回しに振られていたのかもしれないが。
あの子の視界に入るには・・・ちょっと工夫が必要なのかな。
次の作戦、だな。

翔はまた、携帯を取り出した。


「あれ、こばとちゃん。こんな時間まで学校いたんだ?」
翔と別れて、学校の門で待っていた堂元がやってきた。
「はい。ちょっと用事があったので、待ってました!」
堂元は今日、委員会で遅くなると昨日聞いていた。
もしかしたらまだいるかもしれないと思って、待っていたのだ。
堂元は当然のようにこばとを送ると言い、歩き出した。
「あの、ちょっとお聞きしたいんですが・・・付き合うって、どういうことなんでしょう?」
歩き出してすぐに、こばとが言い出した。
堂元は一瞬戸惑ったが、すぐに笑顔で言った。
「好きな人同士が、一緒に帰ったりデートしたりすること・・かな。」
こばとはじゃあじゃあ・・!と次の質問を投げる。
「好き、ってどういうことですか?」
さすがに立ち止まって悩んだ。
好きってどういうことかなんて・・・

「とりあえず、僕はこばとちゃんが好きだよ。」

伝わらない気はしていたし、返事も期待していない。
やっぱりこばとは一瞬ぽかんとして、笑顔になった。
「あ、ありがとうございます!私も堂元さんが大好きです!」
異性としての好き、ではないと知っていた。
こばとはおそらく、まだ好きという感情をしらないことも。
ならば。

「こばとちゃんは、高町さんと阪上さんのこと好き?」
こばとはやっぱり、笑顔でうなずいた。
それは、堂元に対しての好きと同じだとわかった。
「じゃあ・・・清和のこと、好き?」


藤本くん?
私、藤本くんのこと好きです。
でも、ちょっとみんなとは違うんです・・。
心がきゅっとなって、好きでも好きって言えないんです。
美真ちゃんにも伊織ちゃんにも、堂元くんにも言えるのに。

こばとは心の中で、そう思った。

「好き・・・だと思います。でも、藤本くんは私のこと・・・」
好きじゃない、と言おうとして、また心がきゅっとなった。

堂元はそれを聞いて、笑った。


「清和だけ、特別な好きってことかな?」
こばとは胸をおさえて、小さくうなずいた。
そして走り出して、堂元を振り返って笑った。

「美真ちゃんと伊織ちゃんと、堂元くんへの好きと、藤本くんへの好きは違うんですね!藤本くんだけ、特別です!」
それが恋だと、気づいていない。
どうして特別なのか、理解していない。

こばとちゃんの”特別”にはなれなかったけど、これでいいのかもしれない。
特別な好き、それを感じている相手のことを話す彼女は。


いつも以上に、輝いていたから。












続く
関連記事
スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
もくじ  3kaku_s_L.png ★藤本
もくじ  3kaku_s_L.png ★こばと
もくじ  3kaku_s_L.png ☆藤本×こばと
もくじ  3kaku_s_L.png ◇藤本×こばと
もくじ  3kaku_s_L.png ☆和斗×清花
もくじ  3kaku_s_L.png ★いおりょぎ
もくじ  3kaku_s_L.png 藤本家
もくじ  3kaku_s_L.png その他
もくじ  3kaku_s_L.png ・・・不思議。
もくじ  3kaku_s_L.png コメント返し
もくじ  3kaku_s_L.png 記念もの
もくじ  3kaku_s_L.png 裏?
もくじ  3kaku_s_L.png 図書館戦争
もくじ  3kaku_s_L.png 空飛ぶ広報室
  • 【・・・すくーるらいふ。】へ
  • 【・・・繋がる思い、番外編。】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 伝えたのは

>ツン様

コメントありがとうございます。

堂元くんはいつまでも可哀想な人ですw優しいから、うん。
翔の性格は、”こんな堂元くんは嫌だ!”な感じかもしれないですw今思ったらw
でもあれですよね、もう少し事件がないとあの二人自覚しないですよね・・
このあと翔と雅が暴れる予定なんですが、それで自覚してくれるんだろうかと不安が・・・w
もっと暴れとこうか雅ちゃん!←

ストレートで純粋なのに鈍くてかわいいて最高ですよ。
藤本くんピュアなこばとちゃんさらってくんだから覚悟しとけ!←

つ、続きがんばりま~すww
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【・・・すくーるらいふ。】へ
  • 【・・・繋がる思い、番外編。】へ