FC2ブログ

・・・不思議。

・・・不思議。~新しい命~

 ←・・・不思議。~小さい手~ →・・・ただそばにいること。


その夜、男には耐えられないと言われている苦痛に耐えたこばとは、双子を出産した。

一卵性の、男の子と女の子で、どちらもこばとそっくりで。

名前を考えるよりも先に、親ばか発言をしてしまいそうだった。



・・・不思議。~新しい命~


「ホント、お前そっくりだな・・・」

生まれたばかりの双子をガラス越しに眺めながら清和がつぶやいた。

小春の時は仕事だったため、今回その瞬間に立ち会えた感動はたまらない。

隣で笑ったこばとも、嬉しそうに言った。

「小春ちゃんもお姉ちゃんですねー。早く見せてあげたいです。」

予定では、今日の夕方清花さんが小春を連れてきてくれることになっている。

まぁ、清花が来るということは千歳が来るだろうし、千世と千帆もきっと来る。

「それまで、名前考えましょうか。実は私、考えてたんです。」

検査の段階で、双子だということはわかっていた。

性別もわかっただろうが、それはあえて聞かなかった。

小春の時は事前に女の子だとわかっていたので、二人で前から考えていたのだった。


小春、春花、桜、咲花。

二人で考えた候補はこの4つだった。

その中から選んだのは清和で、こばとの名前を取った小春、と命名したのだった。


「今度は清和さんの名前取りましょうか!男の子もいるし!」

部屋に戻ってこばとが言った。

しかし清和は浮かない顔をして首を振った。

「いや・・・。なんとなくそれは遠慮したい。」

よく意味がわからないこばとだったが、ふと思いついたように言った。

「そうだ!女の子の名前は私が決めます。だから清和さんは男の子の名前決めてください。」

双子だから、ひとりずつ!

言うなりこばとは窓の外を見ながら考えはじめた。


ぼそぼそとつぶやいているのはおそらく名前候補。

春菜、三春、千春・・・

考えているのはどうも”春”がつく名前のようだ。


春は、二人にとって特別な季節だから。

小春の名前を決めたとき、こばとが言った。


二人が出会い、別れ、再び出会ったのは春。

だからこそ、大事な子どもの名前に春、をつけたいこばとの気持ちは清和には嬉しかった。

自分と出会えたことを、喜んでいてくれると実感できるから。


「よし!決まりました!」

しばらく考えたあと、こばとが清和を振り向いた。

清和はもう決めていた様子で、うなずいた。

「じゃあ、せーので・・・」

「いや待て、同時に言ったらわかんねーだろ。」

「え、じゃあ清和さんから・・・」

「いや、お前が先だろ・・」

しばらくそんな会話が続き、ようやくこばとが観念したように言った。

「じゃあ・・・。女の子は、はなちゃんがいいです。」

ずっと考えていた”春”を使っていないな、と思った清和だが、そこはつっこまずに言う。

「じゃあ、男の子はそら。ひらがなだ。」

清和が言うと、こばとは慌てたようにはなちゃんもひらがなで!と言った。


はなとそら。

なぜこの名前を選んだのか、お互いにわかっていた。


春の次、いやそれ以上に大事な歌。



春に咲く花、夏広がる空よ・・・


はじめは知らなかったが、こばとの存在を知ったのは、この歌がはじめてだったのだ。

誰が歌っているのか、気になった。

そして歌っていたのがこばとだと知って、納得した。


こんな綺麗な歌、こばとじゃなきゃ惹かれない。


そして、この歌で記憶はよみがえった。


二人の、再会の喜びを歌ったような優しい歌。


「はなちゃんとそらくんですね!」


優しい声で、こばとが言った。
関連記事
スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
もくじ  3kaku_s_L.png ★藤本
もくじ  3kaku_s_L.png ★こばと
もくじ  3kaku_s_L.png ☆藤本×こばと
もくじ  3kaku_s_L.png ◇藤本×こばと
もくじ  3kaku_s_L.png ☆和斗×清花
もくじ  3kaku_s_L.png ★いおりょぎ
もくじ  3kaku_s_L.png 藤本家
もくじ  3kaku_s_L.png その他
もくじ  3kaku_s_L.png ・・・不思議。
もくじ  3kaku_s_L.png コメント返し
もくじ  3kaku_s_L.png 記念もの
もくじ  3kaku_s_L.png 裏?
もくじ  3kaku_s_L.png 図書館戦争
もくじ  3kaku_s_L.png 空飛ぶ広報室
  • 【・・・不思議。~小さい手~】へ
  • 【・・・ただそばにいること。】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【・・・不思議。~小さい手~】へ
  • 【・・・ただそばにいること。】へ