FC2ブログ

記念もの

・・・雪の降らないクリスマス。

 ←メリークリスマス・・・イヴ →・・・青と銀。
クリスマスですね。

というわけでいつも通り手抜き←え)な小説うpです。


細かい設定は・・まぁざっくりとこんな感じです。

・再会後はじめてのクリスマス

・ちゅーさえしてない状態←え

・友達以上恋人未満な感じがするカップル

・なんかよくわからないけど甘い?

・シチュはやっぱり展望台



まぁ、記念ものというわけで短めにしとこうとおもったのですが。

長くなっても続編にならないようにします!!


みなさん、メリークリスマスですっ!←こばと風

ではどうぞ


















街中が明るいイルミネーションに彩られはじめた12月の中頃から。

何年も待って、ようやく会えた大事な彼女は、この頃なにかを気にしていた。

それがわからないほど、自分は鈍感ではなかった。



・・・雪の降らないクリスマス。


「あのっ、藤本さん・・・」

いつも通り、ただ歩くだけのデートをしているとき、こばとが声をかけた。

振り返り、足を止める。

「なんだ?」

いつも少し下がって自分に着いてくるこばとがけなげで可愛くて、そしてもどかしくもあった。

それでも、こばとはずっと笑っていたから、気にしないようにしていた。

しかし最近は、振り返るたびに悲しげな、暗い瞳をしていて。

過去の自分のせいで、こばとをこうさせていることは、わかっていた。

「きょ、今日はこっちから行きませんか?」

無理矢理作ったような笑顔で暗い脇道を指した。

いつもは、明るい街中を通っていくのだが、世間はクリスマスイヴ。



クリスマスを嫌う俺といるから、こばとは今、悲しそうなんだ。



わかっていた。

離れる前のクリスマスで、こばとは俺の過去を知って。

それで、今も気にしていると。


「なんでだ?お前、暗いの嫌いだろ?」

わかっていないふりを、してしまうのはなぜなのか。

もう大丈夫だと、伝えればいいだけなのに。

言えばきっと、こばとは涙する。


どちらの意味にしても。


「だっ、大丈夫です!藤本さんが一緒ならっ!!」

慌てたように腕をひっぱるこばとが、やはりつらそうな顔をしていて。



やっぱり、ちゃんと伝えよう。


そう思ったのは、目の前にあの日と同じ光景があったからかもしれない。

街を見渡せる展望台。

お互いにとって、忘れることは出来ない思い出の場所。

「ここ・・・」

夢中でひっぱっていたこばともその場所に気づき、立ち止まった。

愛おしく、はじめてクリスマスを綺麗だと思った、あの夜。


「・・・こばと。」

呼ぶのと同時に、こばとの小さな身体を抱きしめる。

抱きしめるのははじめてではないし、もう付き合っている仲である。

なのに、一瞬で頬を真っ赤に染めるこばとはいつ見ても可愛かった。

「ふ、じもと・・さん?」

腕の中で、こばとが言った。

「もう、大丈夫だから。だからそんな悲しい顔、するな。」

言いたいことがうまくまとまらない。

悲しい顔をさせているのは、俺だ。


俺が、こばとを悲しませているんだ。


「ごめ・・な・・」

腕の中で、こばとが小さく震えてつぶやいた。

「お前のせいじゃない。ホントに、もう大丈夫だから・・・」

ああもう、ちゃんと詳しく言わないと、伝わらないのに。



だから・・・



「俺にはもう、こばとがいるから・・クリスマスを、一緒に過ごしたいこばとがいるから・・」


だからもう、クリスマスが嫌いじゃない。


「藤本さん・・・」

消えそうな声でこばとが言って、顔を上げた。

涙を浮かべ、小さく笑った。

「私はずっと一緒です。これからもずっと・・・」







自分でも、なにがどうなってそうなったのかわからなかった。

ただ、目の前の愛しいものを・・・

もっと感じたいと思った。


こばとの背を片手でささえ、もう片方で頬をささえ・・・



触れるだけの、はじめてのキスをした。


「雪が降ってなくても・・・クリスマスは綺麗なんだな。」

呆然としていたこばとが我に返り、すぐに頬を真っ赤に染めた。

「そそそそうですね!!えと、えと・・・!!あっ、私また歌います!?」

こばとが腕を逃れようとするのを簡単に引き留め、抱きしめる。

「いい。このままがいい。」

藤本の腕にすっぽりと収まったこばとは、真っ赤になりながらもつぶやく。

「私・・も・・このままがいいです・・・」






遠くに輝くイルミネーション。

そして、雪の降る夜の、遠い記憶。



雪が降っていなくても、一緒のクリスマスだから。




「メリークリスマス。」
















*****コメント*****

メリークリスマス!!!

やっぱり藤×こばのクリスマスは展望台に限る!?ってなわけでネタかぶった方、すいません。
そんでもって初ちゅーでごめんなさい!

クリスマスはやっぱり特別ですよね、カップルにとって。


関連記事
スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
もくじ  3kaku_s_L.png ★藤本
もくじ  3kaku_s_L.png ★こばと
もくじ  3kaku_s_L.png ☆藤本×こばと
もくじ  3kaku_s_L.png ◇藤本×こばと
もくじ  3kaku_s_L.png ☆和斗×清花
もくじ  3kaku_s_L.png ★いおりょぎ
もくじ  3kaku_s_L.png 藤本家
もくじ  3kaku_s_L.png その他
もくじ  3kaku_s_L.png ・・・不思議。
もくじ  3kaku_s_L.png コメント返し
もくじ  3kaku_s_L.png 記念もの
もくじ  3kaku_s_L.png 裏?
もくじ  3kaku_s_L.png 図書館戦争
もくじ  3kaku_s_L.png 空飛ぶ広報室
  • 【メリークリスマス・・・イヴ】へ
  • 【・・・青と銀。】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

はじめまして

こちらでははじめまして。
雪月花桜と申します。
ツンデレラ様のサイトで私の小説にコメント書いて下さった
想様ですよね?(違ってたら申し訳ございません)
雪の降らないクリスマスもいいですね。
そして付き合い始めの初々しさが・・!ふふ☆
また寄らせて頂きます*^^*

Re: はじめまして

>雪月花桜さま
はじめまして!
コメントありがとうございます。
はい、私が妄想の想です←
ツン様とは同じ魂を持つものとして仲良くしていただいております^^

今年はクリスマスネタ書けるかわからないのですが、頑張って考えたいです・・w
これからもよかったら見てくださいね^^
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【メリークリスマス・・・イヴ】へ
  • 【・・・青と銀。】へ